フランジアのIT留学のこだわり

人工知能/AIによる学習最適化ツールFramgiaLOSとは?

弊社フランジアのIT留学・プログラミングブートキャンプでは、「反転授業」「プロジェクトベースドラーニング」など、最先端の理系教育の教育手法を取り入れた、非常に高い学習効率を実現するプログラミング学習環境を提供しています。
また、到達レベルとしても、実際の開発会社フランジアの新人研修と同等の内容を応用レベルのコンテンツとして提供することで、新人エンジニアとして求められるレベルのスキルを身に付けて頂けるような学習コンテンツともなっています。

上記だけでも、一般的なプログラミングスクールに比べても非常にハイレベル・高密度な学習環境を提供できているのですが、2019年に向けて更に学習効果の高いプログラミング学習を提供できるよう準備を進めています。その一つが今回紹介するFramgia Learning Optimization System (以下 FramgiaLOS)です。FramgiaLOSでは、生徒さん個々人の学習進捗やスキルレベルに応じて学習課題を最適化することにより、個々人がより速いスピードでプログラミングスキルを習得できるような学習環境を提供していく予定です。

本日は、上記のようなコンセプトのもと、フランジアフィリピンが開発を進めているFramgiaLOSについて、簡単に紹介させて頂ければと思います。

人工知能による学習の最適化とは?

皆さんは既に「人工知能/AI」があらゆる産業の裏側で様々に利用されていることはご存知かと思います。そして、「教育」や「学習」においても、「人工知能/AI」が学習の最適化・カリキュラムの最適化などの仕組みとして利用され始めています。
有名な例を上げるとすると、「atama plus」さんや「Qubena」さんなどが挙げられます。

「atama plus」は、5億円もの調達額を誇るAI教育ベンチャーなのですが、彼らは教育プロセスを「Teaching」と「Coaching」の2つに分割して考え、AIによって学生個々人の苦手や進捗を分析し、超パーソナライズ化・最適化された「Teaching」を実現する教育支援サービスを展開しています。
https://www.atama.plus/

「Qubena」は、同様のAIを利用した学習最適化ツールで、こちらは小学生の算数と中学数学に特化したサービスとして現在提供されているサービスです。コンセプトはほぼ「atama plus」と同様かと思いますが、生徒個々人の学習特性に応じて最適化された学習コンテンツを提示することで、最適な個別学習を支援することで、学生の学習スピードを最適化しています。
https://qubena.com/

上記のような、「学習する単元に応じた教育内容の最適な学習プロセス」と「生徒の特性や得意・苦手に応じた最適な学習カリキュラム・コンテンツの個別生成」のような形で、人工知能を利用して学習最適化を行っていくことは、今後のEdtech界隈の1つの中心トピックとなっていくように思えます。

FramgiaLOSとは?

上記で既に紹介した内容から既にお気づきかと思いますが、FramgiaLOSで実現しようとしているのは、「人工知能を活用したプログラミング学習の最適化」です。

たとえば、初学者がよく躓くSyntax Errorという文法エラーがありますが、その文法エラーを解決するために初期に学習するべき内容は、

  • そもそもエラーが出ても慌てずにエラーを読むようにすること
  • 表示されているエラーの内容のどこを見ることでエラー内容を正しく理解できるようになるかを経験的・直感的に理解できるようになること
  • Syntax Errorとは文法エラーであるため、よくある文法エラーチェックポイントをチェックするパターンを繰り返し伝授すること
  • どこにエラーがあるかわからない場合は、コードブロックごとにコメントアウトをしていくことによってエラーの発生箇所を絞り込むこと

など、学習者の学習段階やミスの回数、ミスの傾向に応じた正しいアプローチを体系的にパターンとして知っていくことです。
そしてプログラミング教育の現場において、このような問題解決のパターンは、「プログラミングスクールのメンターから生徒への車輪の再発明的教授」「先輩から後輩への現場での伝承」「ペアプログラミング・モブプログラミング的なチーム内教育的アプローチ」など、非常に人的コストの高い学習・教授プロセスによってのみ伝達されていっている、というのが現状のように思えます。

生徒が何を現在学習中であるのか、生徒が現在躓いている部分が何か、生徒が現在ハマっているエラーは何なのか。そして生徒はこれまで何に躓いて来ており、どの程度の頻度で類似の内容に躓いているのか。

各種プログラミング言語や、現在学習中の課題の内容に応じて、このあたりの「学習プロセスの最適化」は、プログラミング学習に対しても一定レベルの最適化ができる部分になっていくでしょう。

現在私どもの提供するIT留学・プログラミングブートキャンプでは、生徒様の学習フェーズに応じた学習最適化ツールとして、FramgiaLOSの開発を進めています。

さいごに

現段階でも、私どものIT留学・プログラミングブートキャンプでは、

  • スクーリングを開始する前の事前学習フェーズ
  • スクーリング開始後の基礎学習のおさらいフェーズ
  • より演習的な概念理解を深めるための反転授業フェーズ
  • 学んだ内容を応用的にアウトプットするプロジェクトベースドラーニングフェーズ
  • 卒業後にさらなるスキルアップを図るために必要となる応用学習コンテンツの提供

など、様々な学習フェーズに切り分けた、それぞれの段階に応じて適切な学習コンテンツを設けています。

2019年に入りFramgiaLOSの運用を開始した際には、
弊社IT留学・プログラミングブートキャンプにお申し込みを頂いた後、事前学習コンテンツの学習管理・学習最適化を実現するFramgiaLOSへの招待メールを送らせて頂くようになっていきます。

ぜひ今後、プログラミング学習を開始するにあたってより良いスクールを検討される折には、ハイレベルな理系教育コンセプト弊社スクールも検討頂ければ嬉しく思います。

まずはお気軽にキャリア相談のつもりからでも、
など、お問い合わせ・無料オンライン説明会・個別カウンセリングのご予約等頂ければ幸いです。