ジョブフェア参画企業インタビュー

ジョブフェアで採用され日本で働きはじめた年に年間MVPを獲得するほどの活躍をしているタイン氏。インターン経験を通じベーシックには、学ぶことが多く、自身が成長できる環境があることを感じ入社を決意。日本での仕事や生活、将来の夢などについて伺いました。

どのような仕事をしていますか?

タイン:今私はベーシックの開発部で、エンジニアとしてferret Oneのフロントエンドを担当しています。仕事は新しい機能の開発、バグを修正してクオリティを改善することで主にJavascriptで開発をしています。仕事はたくさんありますが楽しいです。

仕事はどんなところが楽しいですか?

タイン:毎日楽しいです。チームにはベトナム人も日本人もいるので、日本の文化や生活で分からないことがたくさんありますが、みんながサポートしてくれます。また、メンバーとはときどきパーティーをしたり一緒に遊びます。斎藤さんと日本人のメンバーと私で温泉に行ったことがありますが、楽しかったです。私の担当はフロントエンドですが、バックエンドのみんなもサポートしてくれて勉強になる事が多いです。

日本とベトナムの企業の違いを教えてください

タイン:日本はベトナムの企業と比べると上司とのコミュニケーションが取りやすいです。ベトナムの会社では、自分の意見を言える機会は少ないです。上司は、業務経験の少ない若手の意見をほとんど採用してくれません。意見を出しても、上司は反対することが多いと思います。

日本に来て苦労したことは何ですか?

タイン:一番大変なことは言語の壁ですね。私は日本語の能力があまり高くないのでので、最初はみんなとコミュニケーションするのがちょっと難しかったです。

ベーシックで働くことの魅力は?

タイン:ベーシックには成長できる環境があります。大学生のときにベトナムの企業にインターンシップに行きましたが、正直学ぶことが少なかったのですが、ベーシックでは仕事のやり方や企業文化、自分の能力を上げる方法など、いろいろなことを学んでいます。

家ではどんなことをしていますか?

タイン:まだエンジニアとして未熟なところもあるので、プログラムの練習をしなければなりません。家では友だちと一緒に小さいアプリみたいなものを開発しながらプログラミングの練習をしています。

今後、どんな人と働きたいですか?

タイン:責任感を持っている人ですね。働くうえで責任感があることは、一番大切だと思います。

将来の夢について教えてください

タイン:私の将来の夢は有益な製品を作れるエンジニアになることです。私が作ったものをみんなが楽しんで使ってくれたら嬉しいです。エンジニアにとってそれが一番大切だと私は思います。

DINH DUY THANH (タイン)氏
開発部 エンジニア