Solution

人事・CTO・経営者の開発リソースに関する課題を解決

優秀なエンジニアが採用できず困っている。少子化が進み今後国内における採用はどんどん難しくなっていくので、海外に目を向けてよい人材を採用していきたい。
人事
人事
自社サービスを拡充していきたいが、社内のリソースが足りず内製化できない。開発ベンダーやSESではコスト高になってしまい、オフショアのノウハウもない。
CTO
CTO
開発体制の拡大を見据えたボラティリティを持ちたい。また、これまで国内だけで事業を展開してきたので、アジア市場への進出のきっかけや足がかりが欲しい。
経営者
経営者

Reason

なぜベトナムなのか?優秀な技術者が育つ土壌

IT人材の採用でベトナムが選ばれる理由

  • GDPに対する教育への政府支出割合が6.6%(日本は3.4%)と世界的に高い水準
  • 国際数学オリンピック※1、物理オリンピック※2で毎年ゴールドメダリストを排出
  • ベトナム政府は2020年までに100万人のIT技術者の就業を目指している
  • 外資系IT企業の誘致や、大学と教育機関と連携したIT人材育成を強化している
  • 300近くの大学・短大で IT関連学科が設置され毎年5万人近い卒業生を輩出

※1 高校生以下を対象とした数学の問題を解く能力を競う国際大会で毎年100ヶ国前後が参加する権威ある大会

※2 同じく高校生以下を対象としたプログラミングでアルゴリズムを解く国際大会

Hedspi

TOP大学の入学者3500人から120名を選抜

TOP of the TOPと言われる理由

HEDSPI(Higher Education Development Support Project on ICT)は、2006年にベトナムの理工系TOP大学であるハノイ工科大学にて、日本語のできる高度IT人材を育成するために日本政府のODAとして始められたプロジェクトで、2014年以降はフランジアが継承しています。ハノイ工科大学には毎年3500名の学生が入学しています。HEDSPI は最も人気の高いIT学部に合格した600名からさらに120名を選抜。ベトナムの将来を担うであろうエリートが集まるコースです。この選び抜かれた学生に対して、日本語や日本の商習慣、プログラミングの教育を行い、学生のうちから即戦力のある人材育成を行っています。

出生数約180万人に対して、HEDSPIに選抜される学生は年間120人。これは割合にすると 0.007%になります。さらに国費留学に選ばれる学生は、20名で0.001%の優秀な人材と言えます。

ベトナムの理工系大学難易度ランキング

2014年の大学入試3科目(化学、物理、数学)30点満点の試験でハノイ工科大学は最低合格ラインが最も高く23.5点でした。これはベトナムで入学するのが最も難しい大学であることを意味します。

Process

3日間で集中して採用を決定

選考プロセス

HEDSPIの公式ジョブフェアでは、時期に応じて合同開催と個別開催の2種類をご用意しています。合同開催は、選考プロセスが決まっており、多くの優秀な学生に対してアプローチすることができます。一方、個別開催は、学生に対して事前に課題を出したりオンライン面接を行うなど選考プロセスを自由度高く設定することができます。

入社までの流れ

原則日本での正社員就業を前提とし、大学卒業後に日本に招致していただきます。フランジアの公式ジョブフェアでは、採用決定後に日本でスムーズに仕事を始められるように、日本語やプログラミングの教育を無料で行っている点が特徴です。

Support

内定後も学生と企業をしっかりサポート

学生には日本語やIT技術を指導

日本での就業で良いスタートが切れるようにフランジアでは、内定した学生に対して日本語とIT教育のサポートを行っています。

日本語の会話のサポート

「読み・書き」ではなく、日本人講師による日本語会話の実践クラス。ビジネスマナーやIT業界で使用するカタカナ語などを学びます。一回あたり1.5時間の講義を18回(27時間)を通じて会話力を高めます。

日本語能力試験対策(N2,N3)

日本語能力試験(JLPT)において、「日常的な場面で使わる日本語の理解ができるレベル」であるN2,N3以上の合格を目指す講座です。文字語彙、文法、読解、聴解を3ヶ月に渡り、週3回の講義で学びます。

実践を通して学ぶIT教育のカリキュラム

内定した学生には、フランジアが自社採用社員に向けて実施しているIT研修に参加いただきます。標準的な研修期間は2ヶ月で、webアプリケーション作成に必要なIT基礎知識の座学から、実際にコードを書く演習、最後はチームでwebアプリケーションを実装する模擬プロジェクトを行います。

実施期間…320時間(約2ヶ月)

金額…無料 ※研修期間中は、弊社のインターン生とみなすので、弊社から内定学生へ給与を支給します。

使用言語/フレームワーク…Ruby/Ruby on Rails

※使用言語はご希望に合わせて変更可能です。スマホのアプリ開発がメインとなる場合、webアプリの実装は受講しない等の調整も可能です。

企業には渡日までの手続きや学生のモチベーション管理をサポート

学生と連絡が取れなくなっても現地スタッフが対応

レポート提出とセミナー開催

毎月、学生・担当日本語教師・担当IT講師からのヒアリング結果を報告。また。日本で就職することの意味や意義を説明したセミナーを行い、モチベーションアップを図ります。

ビザ申請サポート

日本で就労することになるためビザ(査証)の申請が必要になります。ベトナム側での大使館や領事館の申請業務のサポートや、専門の行政書士をご紹介などを行っています。

学生への個別対応

内定後に、企業と学生との間で連絡が取れなくなった場合や、学生から内定辞退の申し出があった際などのトラブルに対して、問題解決に向けてサポートいたします。

Price

費用

参加費用 60万円(税別)
採用決定時成功報酬 一人につき100万円(税別)

※ 航空券、ホテル代は含まれません。

※ ジョブフェア期間中の施設利用費、移動、空港までの送迎、滞在中の飲食代、学生との会食代金を含みます。

※ 内定後の日本語教育カリキュラム、IT教育カリキュラムは必要に含まれます。

※ 合同開催、個別開催ともに同一の料金設定となります。

Schedule

日程

個別開催(2017年9月~12月)

選考プロセスを独自にカスタマイズ可能

  • 10月7、8日
  • 11月25、26日
  • 10月14、15日
  • 12月2、3日
  • 11月18、19日
  • 12月9、10日

合同開催(2018年2月~6月)

3~5社の複数社で開催

  • 1月26~28日
  • 3月16~18日
  • 2月2~4日
  • 5月11~13日(予定)
  • 3月2~4日
  • 6月8~10日(予定)
  • 3月9~11日

Clients

採用企業一覧

  • 株式会社アセンド
  • 株式会社シーエー・モバイル
  • 株式会社電通マクロミルインサイト
  • 株式会社イオレ
  • HRソリューションズ株式会社
  • JFEシステムズ株式会社
  • みんなのマーケット株式会社
  • 株式会社メディアドゥ
  • 株式会社ぺイロール
  • ポノス株式会社
  • 株式会社リアルワールド
  • テモナ株式会社
  • 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
  • 株式会社ユーザベース
  • 株式会社VERVE

Interviews

クライアント/卒業生インタビュー

これまでジョブフェアに参加してくださった企業様と、採用されたHEDSPIの卒業生へインタビューをさせていただきました。ご参画企業様には、なぜジョブフェアに参加したのか、実際に採用をしてみていかがだったか、卒業生には、どのような仕事をしているのか、また日本で働くことの魅力などを伺いました。

株式会社ベーシック

開発部長CMT
斎藤幸士氏
開発部エンジニア
ディン ズイ タイン氏

株式会社ネットプロテクションズ

取締役CTO
鈴木史朗氏
ハノイ工科大学 情報通信技術学部 HEDSPIプロジェクト卒業
ファン トュック フン氏

株式会社リアルワールド

取締役CTO
髙橋和也氏
ハノイ工科大学 情報通信技術学部 HEDSPIプロジェクト卒業
ヴー テー マイン氏

Faq

よくある質問

ベトナムの新卒学生を採用するメリットはなんでしょうか?

ベトナムは国際数学オリンピックでは毎年100ヶ国中、10位以内常連国で日本よりも成績は上です。またベトナムの理数系トップの頭脳はプログラマになります。ハノイ工科大のHEDSPIはそのような世界的にも優れた頭脳を持った理系人材が日本語とプログラミングを勉強するプログラムなのです。
日本のトップ大学の情報工学学部卒業生と比べても地頭、数学、プログラミングスキルで劣ることはほとんどありません。もちろん日本語力はネイティブレベルではありませんが、プログラミングの現場では十分に力を発揮してくれます。

なぜ日本での就職を希望しているのですか?

HEDSPIの学生のほとんどは下記理由から日本での就職を希望しています。
1.日本の優秀なエンジニアと一緒に仕事することでスキルを磨きたい
2.日本語能力を向上させたい
3.ベトナムに比べ日本での待遇が魅力的

今回採用した場合の入社時期はいつになりますか?

学生の卒業年がバラバラのため学生によって異なりますが、通常は来年の8月卒業か今年の8月卒業になります。

面接は何語で実施すれば良いでしょうか?

基本的には日本語で行っていただきます。しかし、弊社の通訳を付けさせていただきます。コミュニケーションがスムーズに行かない場合通訳がサポートいたします。

ベトナム人学生を採用した場合、ジョブフェア参加費以外にどのようなものがありますか?

入社時の日本への渡航費用(各社の取り決めによる)、ビザ取得費用、健康診断費用になどがあります。また渡日する前に住居を用意しく必要があります。家賃は給料から天引きしても物件は法人契約とすることをお勧めいたします。ベトナム人が契約者だと大家さんが契約をしてくれないケースがございます。

採用したベトナム人の給料などの待遇はどうすればいいですか?

基本的には日本人の新卒と同じ条件で構いません。

Contact

お問い合せ

貴社名必須
ご担当者名必須
Eメールアドレス必須
電話番号任意
お問い合せ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】

  • このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、お問い合わせを適切に受け付けて管理するため、及び弊社が提供するサービスに関する情報を電子メール等でご提供するために利用します。
  • 当個人情報を第三者に提供することはありません。
  • 当個人情報の取扱いを委託することがあります。委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
  • 当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
    <個人情報苦情及び相談窓口>
    株式会社フランジア・ジャパン 個人情報保護管理者(経営管理本部長) メール:
    privacy@framgia.co.jp
    上記を確認の上、ご同意いただける方は「同意して送信」ボタンを押してください。