ソフトウェア開発や教育事業をグローバルに展開するIT企業、フランジア・グループ(以下フランジア)のフィリピン法人であるFramgia Holdings Pte. Ltd. – Philippine RHQ (地域統括本部:セブ市、CEO:藤本一成)は、フィリピン・セブにおいて、セブのトップ私立大学、サンカルロス大学と提携し、2016年11月よりRuby on Rails授業の提供を開始しています。

ベトナムの大学におけるIT技術者育成のため講座提供(https://framgia.com/161117_endowed_chair/)に続き、2016年度後期授業開始時期より、サンカルロス大学(※1)の3、4年生を対象にRuby on Railsコースの提供を開始しました。フランジア・グループでは社内の6割がRubyエンジニアであり、ベトナムでも大学にRuby on Railsの講座を提供している実績を活かし、新しい言語、および、より実践的で生徒が学べる環境を提供しています。
すでに23人の受講生が講座を終了いたしました。受講生は熱心に授業に取り組み、最終プロジェクトでも非常に興味深いプレゼンテーションを見せてくれました。
2016年は1学期感のみの授業提供でしたが、2017年からは1年間のカリキュラムを提供し、フィリピンの人材育成にもより貢献してまいります。

また、インターンシップトレーニングや、新卒採用においても、サンカルロス大学と提携をしており、多くの学生の応募から、現在選考を進めています。今後、フランジアの若手のディベロッパー拡充も進めてまいります。さらに、英語能力が高く、学習スピードも速い、フィリピン人エンジニアとともに、フランジア・グループとしてもより多くの英語圏顧客の獲得も目指していきます。

【本件に関するお問い合わせ】
Framgia Holdings Pte.Ltd. – Philippine RHQ
担当:高寺 yuko.takadera@framgia.com

URL:http://framgia.com/

(※1)サンカルロス大学(英語名:University of San Carlos)
フィリピンで最も古く1595年に創立された学校を起源とする、セブ地域でトップランクを誇る大学。5つのキャンパスを持ち、セブ地域で最も大きい大学でもある。フィリピンの教育委員会が学部ごとに選定する、上位トップ学部に、トータル20学部が指定されている(COE:Center of Exellenceを8学部、その次点となるCOD:Center of Developmentに12学部)。