ニュース

サイバーエージェント社とハノイ工科大学で
TechCampイベントを行いました!!

ベトナムの首都ハノイ市にあるハノイ工科大学において、2014年1月6〜10日の5日間に渡り、Androidアプリを開発するTechCampを株式会社CyberAgent様主催で行いました。当社は本イベントを共催させて頂きました。

ハノイ工科大学は、ベトナムの理系総合大学においてトップレベルの大学です。今回の参加者は、そのハノイ工科大学のHEDSPI学生(3、4年生)39名です。1チーム3名ずつ合計13チームに分けて企画から実際のアプリの開発までを5日間で行います。参加学生のうち半数がAndroidアプリの開発経験者で、それ以外の学生は事前学習のみで参加しました。

※HEDSPI(Higher Education Development Support Project on ICT)とは、日本のODAをもとにITと日本語教育向上を目的としたハノイ工科大学の特別クラスです。IT学部の中でも優秀な生徒が対象となっています。

アプリのテーマは比較的自由度が高く、「カメラ、図、ゲーム、音楽に関するアプリ」です。自由度が高い分、アイデアを絞り込むのに悩んだ学生も多いと思いますが、アイデアを決めるのに使えるのは初日だけ。後はひたすら開発するのみです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

TechCamp会場の様子

毎日朝7時から夜7時までの12時間開発をします。

弊社代表、藤本から開会の挨拶

学生にイベントの意義などを語ります。

アイディア出し

13チームに分かれて各々関心の有るテーマ「カメラ、地図、ゲーム、音楽」から選んでアイディア出しを行いました (複数テーマを選択可能)。

開発

皆、終始熱心に開発に取り組んでいました。

コードレビュー

CyberAgentのエンジニアである清水様からのコードレビュー、皆真剣です。

お昼

仲良く一列に並んで食べるの好きなのが工科大学の学生達。運営スタッフ一同もご一緒させて頂きました。

受賞

■第1位
Group4 Grow Me Up
カメラで撮影した画像を使い、物の認識と英語で発音を教える学習ゲーム

■第2位
Group1 DirtyFaces
的にリンゴ、トマト、卵を当て総得点を競うシューティングゲーム。

■第3位
Group6 Hexera
写真を撮り、複数の画像でGIFアニメをつくるカメラアプリ

■Challenge賞
Group12 Next Number
時間内で順番に数字をタッチしていくタイムゲーム

■締めの最後は参加者全員で、Framgia恒例のかけ声です。CyberAgentの膽畑(いはた)様に締めていただきました。
「モッ、ハイ、バー!わっしょい!!」

TechCampを終えて

今回初めてTechcampに参加する学生がほとんどでしたが、学生にはとても好評でした。連日長時間のプログラミング作業が続く中、楽しんでもらえたのは嬉しく思います。
HEDSPIの生徒も経験豊富な日本人エンジニアの方から日本語で色々とアドバイスをもらったり、議論をすることで、日本語スキルだけでなく、納期の大切さ、ディテールへのこだわり方、仕事の厳しさなども学んでもらう機会になったことと思います。
フランジアは、今後もハノイ工科大学の学生に対して様々なイベントなどを企画し、学生が成長する機会を提供していきたいと考えております。このようなハノイ工科大学とのイベントにご興味のある方は、弊社のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

最後になりましたが、本イベントへはJICA様とハノイ工科大学にご後援いただき多大なるご支援を賜りました。厚く御礼申し上げます。

ハノイ工科大学のWEBサイトでも紹介していただきました。(ベトナム語)
結果発表の様子

打ち上げ!

ベトナムのオフショア開発の視察、システム開発に関するご質問、
お仕事のご相談、お見積の依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page Top